Ideal Idolはてな支部

旧枠モダンを語る。旧→http://mesmericmask.diarynote.jp/

2018/9/16 第4回GP旧枠モダン メタゲームブレイクダウン

2018年9月16日。4度目となるGP旧枠モダンが秋葉原で開催された。旧枠モダン界の頂点を目指して集ったピットファイター満員御礼の24名。図らずも世界選手権と同規模での開催となり、事前告知通りの予選スイスラウンド4回戦+決勝3回戦が確定した。

また、『ラヴニカのギルド』のカード公開が予想よりも遅かったため、当初の予定である「『ラヴニカのギルド』収録カードを使用可とする。」というルールは撤回され、『基本セット2019』までのカードプールとなった。これによりプレイヤーたちは新規カードによるダークホースの出現を恐れることなく、慣れ親しんだデッキでGP旧枠モダンに臨むこととなった。

――かくして、世界最高峰のGP旧枠モダンが幕をあけたのである。 

 

今回のGP旧枠モダンは、旧枠モダンの隆盛に多大なる影響をもたらした広報の方が不参加(※諸説あり)であったため、代わりに筆者がまとめを作成することになった。

本文の形式、雰囲気は狐の社様をリスペクトさせていただく。拙文ご容赦願いたい。

 

www.inari9th.com

偉大なるリスペクト元

 

2018/9/16 GP旧枠モダン

フォーマット:旧枠モダン(~『基本セット2019』)

f:id:Minato_Namiki:20180924011718j:plain

f:id:Minato_Namiki:20180924011805j:plain

 

なんという情報量、なんという多様性。恒例の円グラフもたわしやパジェロが当たりそうなほどにカラフルな出来映えである。

もはや常連ともいえるアーキタイプもあるが、今まで話にも上がらなかったような新たな勢力が多数見受けられる。

今回はそんな萌芽たちと、激戦を制してTOP8入賞を果たした強者を中心に解説させていただこう。

 

 

 

・蘇るもの

 今回のGP旧枠モダンを語る上で外せないであろうデッキから語らせていただく。

マジックの勝負はメインデッキの60枚に加え、サイドボードの15枚を用いることは誰もが知っているだろう。サイドボードは自身の苦手とするデッキへの対策や、環境に存在するコンボデッキを機能不全にするためのカードを採用するのが基本だ。

だがもし、これから対戦するデッキがまったく読めない場合は?

そんな時、人は無難な対策カードを取ることになる。通常メインデッキで触れることのできないエンチャントやアーティファクトへの対策、追加のクリーチャー除去、そして――

 

f:id:Minato_Namiki:20180924020614j:plain

無難な墓地対策

《トーモッドの墓所》はあらゆるデッキへと投入できる無難な墓地対策カードだ。しかしながら、過去のGP旧枠モダンにおいてはほとんど活躍することなくサイドボードを圧迫し続けていた。

4度目の開催となるこのGP旧枠モダンで、賢者たるプレインズウォーカーは同じ過ちを繰り返すのだろうか?答えはである。

旧枠モダンに取り憑かれた一部のプレイヤーは、この《獣群の呼び声》のフラッシュバックを封じるくらいしか役目のない《トーモッドの墓所》をカード未満であるとしてサイドボードから抜き去ったのだ。

かくして、忘却の彼方にあったデッキが蘇ったのである。

 

f:id:Minato_Namiki:20180924022057j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924022101j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924022104j:plain
もはや存在しないとは言わせない。

黒緑リアニメイト

旧枠モダンでは組みづらい対抗2色の組み合わせではあるものの、墓地肥やし要因である《根囲い》や、フィニッシャーを兼ねることもある《よじれた嫌悪者》によって比較的安定したマナベースを実現している。

《よりよい品物》はあまり見かけることのないカードだったが、このデッキにおいては《獣群の呼び声》の象トークンによって手札を入れ替えたり、除去されそうになったフィニッシャーを生贄に次なる脅威を用意したりと様々な役割がある。

今回の成績は振るわなかったものの、今後定番として定着することもありうる、要注目のアーキタイプだ。

 

そしてリアニメイトは黒だけにあらず、白いリアニメイトデッキにも注目だ。

f:id:Minato_Namiki:20180924023538j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924023615j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924023542j:plain
大金持ちになれるぞ!

緑白リアニメイトはアグロデッキを強く意識したものとなっている。
従来の"白いリアニメイトといえば《怒りの天使アクローマ》"という固定概念を覆し、彼女の採用枚数はわずか1枚に抑えられている。

ベースとなるのはいわゆる緑白スレッショルドの《根囲い》《獣群の呼び声》《秘教の処罰者》パッケージである。リアニメイト専用カードを極力減らすことでデッキの安定性が高められている。

諸般のトラブルによりトップ8入賞は逃してしまったものの、2桁のライフを回復する爽快感、そして高い勝率がデッキの強さを物語っている。

 

 

 ・戦場の織り手

 旧枠モダンは除去が強い。現在のスタンダードにはない能動的な4マナの全体除去が2種存在するほか、単体除去の傑作である《終止》、黎明期より最強の火力呪文として君臨し続ける《稲妻》がある。

仮想的も定まりかけている今、コントロールデッキが隆盛するのは必然であると言えよう。

 

f:id:Minato_Namiki:20180924031931j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924031729j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924031733j:plain
一面の沼に咲く"華"

まずは使用者の多かった黒単コントロールを紹介しよう。

基本となる動きは《ファイレクシアの闘技場》で手札を確保し、《もぎとり》《燻し》などの優秀な除去で盤面をコントロール、最後は回復も兼ねた《堕落》や、《消えないこだま》によって対戦相手の勝ち手段を根こそぎ奪い勝利するのだ。おっと、今回は《触れられざる者、フェイジ》も活躍していたね。

優秀な除去が多いのもあるが、黒である大きな利点は手札破壊が使えることだろう。《強迫》の存在によって対コントロールが非常にやりやすくなっている。

単色デッキではあるが、除去の枚数、採用するクリーチャーによって非常に個性が出るデッキが黒単コントロールだ。今回は惜しくもTOP8進出ならずであったが、興味を持った方はぜひ自己の表現として黒単コントロールを握ってみて欲しい。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20180924033547j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924033553j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180924033557j:plain
ロングゲームの覚悟はあるか?俺にはある。

もうひとつのコントロールの王道、青白コントロールを忘れてはいけない。
黒単コントロールは必殺技を繰り出すデッキだが、こちらは相手が力尽きるまで真綿で絞めるデッキだ。デッキの大半がいわゆる"耐える"カードで構成されており、致命的な一撃を《雲散霧消》や《巻き直し》などで打ち消すことができる。

《聖なるメサ》《近づきがたい監視塔》は防御のカードだが、最後には万策尽きた対戦相手をついばむフィニッシャーとしての顔も持ち合わせている。

派生・同系統のデッキとしてロックデッキであるズアーの運命支配、黒を入れて手札破壊やアドバンテージの確保を可能にしたエスパーコントロールも存在する。

いずれも本戦では苦戦を強いられたデッキだが、必ず最適解となるアプローチが存在するアーキタイプであると筆者は考えている。

 

 

さて、ここからはTOP8へと駒を進めたいわゆる"勝ち組"デッキを紹介していこう。

f:id:Minato_Namiki:20180927220535j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180927220239j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180927220244j:plain
旧枠モダンにあるまじき(ならではの)パワーカードたち

今回最多数のプレイヤーが選択し、また最も多く決勝進出を果たしたナヤミッドレンジから紹介しよう。

強いけど勝てないと言われがちな《獣群の呼び声》だが、やはり旧枠モダンにおけるパワーカードは"象"だろう。《獣群の呼び声》表裏からの《包囲攻撃の司令官》は中途半端なデッキでは歯が立たない程の強力な動きだ。

そして何よりも、旧枠モダンのコラコマこと《荊景学院の戦闘魔道士》による対応範囲の広さがこのデッキの地位をより磐石なものにしているのだ。

f:id:Minato_Namiki:20180927221414j:plain

KK

旧枠モダン勢にとっては親の顔より見たカードかもしれないだろう。キッカー赤で《ショック》、キッカー白で《粉砕》、その両方使うこともできるわかりやすいアドを取るクリーチャーだ。2点の方では部族デッキの使うロードや、《包囲攻撃の司令官》を落とせる他、通常赤では触れない《ヴェクの聖騎士》《サルタリーの僧侶》といったプロテクション(赤)を除去することができる。白モードの標的はもっぱら《罠の橋》だが、《精神石》や《拷問台》など、案外対象に取れるものは多い。ここまでテキスト読み上げ。プレーンシフト版では隠されているが、部族エルフであることも見逃せないだろう。実際に今回参加していたエルフデッキにも4枚採用されている。

 

今回TOP8入りを果たしたものにはかつてアングリーハーミットと呼ばれていたデッキをリメイクしたものもあった。土地破壊を得意とするコントロールデッキだが、《獣群の呼び声》デッキであることからナヤミッドレンジに分類されていただいた。

旧枠モダンには《なだれ乗り》《すき込み》などの、現代では許されない優秀な土地破壊カードが揃っている。土地事故を誘発させることでのイージーウィンはもちろんのこと、《樹上の村》《フェアリーの集会場》などの強力なミシュラランドを能動的に処理でき、ナヤミッドレンジの対応力をさらに高めた構築と言えるだろう。

 

ナヤミッドレンジのカードパワーの高さ、メインボードでの対応力の広さ、間違いない、ナヤは旧枠モダン界のジャンドである(意味不明)

 

 

f:id:Minato_Namiki:20181002133618j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002133622j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002133614j:plain
ついに来たれり、青いビートダウン

青緑グランビルもTOP8入りを果たしたデッキだ。

グランビルといえば《空飛ぶ男》や《雲のスプライト》などの1マナ飛行クリーチャーを連想しがちだが、今回は不採用。代わりを務めるのはリターンの大きい《セファリッドの警官》だ。そんな3マナ1/1の攻撃をサポートするのはイニストラードを覆う影で再録された《かそけき翼》を始めとする大量のオーラ。前回のGP旧枠モダンでも話題になったが、《稲妻》環境である旧枠モダンでは《巨大化》はさながら修正値の大きい《顕在的防御》として機能し、オーラによるサイズアップも同様に除去耐性となることが多いのである。

警官が引けなかった場合のプランとして《マーフォークの女族長》が採用されている。事前に注目を集めていた緑単ストンピイやエルフは除去を苦手としており、それらに対しての制圧力は計り知れない。出遅れたデッキへのイージーウィンも期待できる、環境に合ったデッキ選択である。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20180927224615j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005031j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180927224618j:plain
一切の隙なし

そして一際異彩を放っていたデッキが青緑コントロールである。もはや筆者でも分類がよくわからないためコントロールとさせていただく。

《フェアリーの集会場》は非常に強力な土地だが、《空飛ぶ男》などを用いたクロックパーミッションでは攻撃に3枚の土地を寝かすことが大きなネックとなっていた。しかし《種子生まれの詩神》があれば攻撃しつつ構えることができるのだ!

デッキの全貌は確認できなかったが、中・低速デッキへの高い殺意を持ったデッキであることは間違いないだろう。アグロデッキの対策によって低速化が進む旧枠モダンに一石を投じる素晴らしいデッキだ。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20181002135722j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002135745j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002135725j:plain
こっちの山が上です

異彩の放ちっぷりなら何にも負けないであろうバベルもまたTOP8へと勝ち進んだデッキである。ネタデッキとして話題になりがちなバベルだが、アメニティードリーム吉祥寺店様で行われたGPTで幾度も勝ち越しており、地力の高さが伺える。

そもそも組めるだけのカードがあるの?と言われることもあるが、愚問である。カラーこそエスパーでほぼ固定されているものの、240枚の内容はしばしば議論に上がり、コントロール、リアニメイト、《死闘》バベルなど様々な候補が存在する。現在のデッキは飛行生物と除去がメインのようだ。

旧枠モダンにおいてはサーチカードが《魔性の教示者》しかないため、《機知の戦い》での勝利は難しいものの、相対する側にとっては何が入ってるのかすらわからないデッキと戦いつつ、突然勝利条件を満たしたエンチャントが降ってくる恐怖と戦わねばならないのだ。もちろんドロー次第で展開が大きく変わるので、サイド後の対戦も油断はできない。

バベルは、どこまで高みを目指すのだろうか。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20180417005326j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002142810j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002142916j:plain
最速の部族

ゴブリンは3大会連続TOP8入賞となった。

《ゴブリンの戦長》の加入によって強デッキの地位を確立したものの、常に対策を意識されていることから使用者はあまり多くない。しかし意識されつつも勝ち抜くだけのパワーがあり、ベストデッキの1つであることは疑いようがないだろう。メインデッキはいわゆる固定スロットが多いが、《火葬》の有無、《ゴブリンの手投げ弾》の枚数、《怒鳴りつけ》の採用など、火力呪文の選択において差が出ることが多いようだ。

もはや語りつくしたようなデッキではあるが、メタゲームに合わせて細かなチューンを求められるデッキでもある。ぜひ挑戦して欲しい。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20181002144045j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002144042j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002144531j:plain
UR Delver(大嘘)

準優勝の青赤テンポは、ゴブリンに負けずとも劣らない高速デッキだ。

バーンと見紛う大量の赤の火力呪文に加え、青の傑作火力《心霊破》があるほか、《渋面の溶岩使い》へと薪をくべるキャントリップ、パワーカードの《マナ漏出》がサポートを固める。

中でも《溶岩の猟犬》は注目のカードで、旧枠モダンのハゾレトとして名高いカードだ。《稲妻》圏外であるタフネス4が強力だとか、火力呪文でブロッカーがいなくなるからダメージが通りやすいとかの文字数稼ぎにしかならない解説はいらない。前のめりなデッキの《溶岩の猟犬》は強い、人が死ぬ、ハゾレト、なのである。

 

しかしこのデッキはある問題を抱えている。青と赤は対抗2色の組み合わせであるためにマナベースが非常に苦しい。2色を供給する土地は《シヴの浅瀬》、《渋面の溶岩使い》のための単色ペインランドことフェッチランド……。前述の《心霊破》《溶岩の猟犬》もあわせて非常に自傷ダメージが多い。《溶岩の猟犬》が防戦に使いづらいのもあり、「いかにして攻め続けるか」が鍵となる。前述のスーサイド要素もあり、1つのミスで瓦解することもあるデッキなのだ。

プレイングの難しいデッキではあるが、それだけ実力の出るデッキでもあるので興味のある方は臆せずに組んでみて欲しい。

 

 

f:id:Minato_Namiki:20181002152717j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002152714j:plain
f:id:Minato_Namiki:20181002152711j:plain
虚無の頂点に立ったのは《虚空》だった。

最後は優勝デッキである赤黒コントロールを紹介する。
除去に長けた2色の組み合わせはあらゆるリソースを根こそぎ破壊していく。《友なる石》《精神石》によるマナ加速からの《なだれ乗り》を擁しており、コントロールでありながらも能動的なブン回りがあるのが特徴だろう。リセットカードには《燎原の火》を採用しており、マナファクトの重要さが見て取れる。

《グレイブディガー》はこのデッキの要の1つであり、役目を終えた《ネクラタル》の再利用や、対処された《包囲攻撃の司令官》の回収を担う。サイクリングした《よじれた嫌悪者》を戦場に呼ぶために使うことさえあるのかもしれない。とにかく、《グレイブディガー》の存在によって除去されて困るクリーチャーがいない=自身のクリーチャーを遠慮なくリセットに巻き込めるようになっている。

このデッキをプレイする上で頭に入れておきたいのはやはり《虚空》の宣言だろう。盤面の脅威を対処できるだけでも強いが、手札も攻められるようにカードプールは把握しておきたい。2で宣言すると自身のマナファクトが壊れてしまうことには注意しよう。

 

いかがだっただろうか。

旧枠モダンはまだまだ研究の途上である。《永劫の輪廻》コンボやトロンそしてエターナルグリーンなどまだまだ最適な形が見つからずにいるデッキがまだまだあるのだ。現に今回も、想像もしていなかったような新たなデッキが多数活躍したように。万人受けする遊び方とはいえないが、旧枠モダンは楽しい。もし興味を持った方がいたら、ぜひ声をかけて欲しい。次のチャンピオンはあなたかもしれないのだ。

 

最後に改めて、優勝おめでとう!

 

 

 

 

 

 

こぼれ話

今回のGP旧枠モダンを語る上で、外せない話がある。

多くのプレイヤーが、「存在しないデッキをメタっていた」ことだ。

 ツイートで触れたのはTOP8だが、それ以外にも赤いデッキをプレイした多くのプレイヤーがサイドに過激な対策カードを取っていた。

白単、やはり恐ろしいデッキである。

旧枠モダンのルール

グランプリ名古屋2018のサイドイベントの1つに旧枠モダンが採用されました。

これから旧枠モダンを組む人のため、あるいはルールの確認ページとして案内記事を再度書かせていただきます。

 

1.使用カード

スカージ・第7版以前のカード枠(いわゆる旧枠)のモダンのカードが使用可です。

プロモーションカードも同様の扱いとなり、《闘技場/Arena》と《大アナグマ/Giand Badger》が使用可能です。

ただし初出が8版以降である以下のカードは使用不可です。

《闇の腹心/Dark Confident》

《貴族の教主/Noble Hierarch》

《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》

《饗宴と飢餓の剣/Sword of Feast and Famine》

《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》

《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》

 

また、禁止制限は本来のモダンに準拠としますので、以下のカードも同様に使用不可です。

《花盛りの夏/Summer Bloom》

 

上記の条件をまとめたカードリストがこちらです(リンク先は英語)。

scryfall.com

 

上記の条件を満たすカードであれば版・イラスト問わず使用可能です。

f:id:Minato_Namiki:20180913184254p:plain
f:id:Minato_Namiki:20180913184250j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180913184418p:plain

 

2.特殊ルールなど

マリガンに関するルールやレジェンド・ルール、マナ・バーンなどはありません。

通常遊ばれているモダンと同様です。

 

それでは、よい旧枠モダンライフを!

【虚無】モダンオールドスクールをやりました。

表題の虚無を遊んできました。

遊んだ感想や、盤面の様子はTwitterに上げた通りです。

 黒単トロンvs青黒邪眼コントロールでした。

 

カードリストは以下のリンクの199枚に《闘技場/Arena》を加えた200枚(基本土地含む)です。

https://scryfall.com/search?as=grid&order=name&q=f%3Amodern+%28e%3Aatq+OR+e%3Aarn+OR+e%3Afem+OR+e%3Aleg+OR+e%3Aleb+OR+e%3Adrk%29

 

ご覧になりましたか?

恐らく見ててつらいと思います。私もつらかったです。

眺めた感想は、

・打ち消し呪文が《呪文破/Spell Blast》《霊魂放逐/Remove Soul》《緊急阻止/Flash Counter》の3種しかない

f:id:Minato_Namiki:20180904182526j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904182538j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904182531j:plain
カードであるとは言いがたい


・サイズを問わない除去は《神の怒り/Wrath of God》《凄腕の暗殺者/Royal Assassin》《恐怖/Terror》《氷の干渉器/Icy Manipulator》

f:id:Minato_Namiki:20180904182352j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904182258j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904182252j:plain
とてもカード!

そんな感じでカードを眺め、単に《ヨーグモスの悪魔/Yawgmoth Demon》が使いたいから組んだのが以下のデッキです。

f:id:Minato_Namiki:20180904182951j:plain

弱いトロンを組むのが好きなフレンズ

《恐怖》はいわずもがな、《衰弱/Weakness》は対黒のマスターピースで、《恐怖》で対処できない《凄腕の暗殺者》、《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》を綺麗に対処できます。

f:id:Minato_Namiki:20180904182258j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904183611j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904183615j:plain


また、このモダンオールドスクールとかいうやつは《骨の壁/Wall of Bone》がとにかく硬いのですが、飛行である《ヨーグモスの悪魔》と《巨大戦車/Juggernaut》で乗り越えることができます。

f:id:Minato_Namiki:20180904183857j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904183843j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904183839j:plain

そしてトロン探し兼アドバンテージ源兼相手の干渉器妨害で《吠えたける鉱山/Howling Mine》と《秘宝の障壁/Relic Barrier》のパッケージを採用。

f:id:Minato_Namiki:20180904184238j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180904184230j:plain


といった具合に、普通の旧枠モダンではなかなか見かけないカードを採用しました。

こうして謎のフォーマットで使うことで、普段よく遊ばれている普通の旧枠モダンでも通用するカードが見つかるかもしれないかと思ったからです。

 

 

 

 

 

 

 

結果:氷の干渉器は強い!

 

 

 

 

 

 

そんなモダンオールドスクールですが、9月16日のGP旧枠モダンに持って行きます!

よかったら組んでみてね!

 

おわり

【旧枠モダン】エターナルグリーンとその顛末

GP旧枠モダンお疲れ様でした。

残念ながら私の戦績はゴブリンを握っての2-2でした。口だけ野郎です。精進します。

 

さて、今回はゴブリンを握ったわけですが、直前まで本戦デッキの候補になっていたデッキがあります。そのデッキはずばりエターナルグリーンです。

f:id:Minato_Namiki:20180706005031j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005036j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005040j:plain
海外のカジュアルEDHかよ

基本セット2019(7/13発売!)に《市長の笏/Magistare's Scepter》が収録されることで旧枠モダンでも使用可能になりました。

市長の笏は4マナと自身のタップで蓄積カウンターを置き、蓄積カウンター3つと自身のタップをコストに追加ターンを得る、《Time Vault》です。

f:id:Minato_Namiki:20180706005504j:plain

一致

エターナルグリーンが本当にエターナルする為には3枚の《通電式キー/Voltaic Key》と15マナが必要です。モミール・ベーシックであれば土着のワームが対戦相手を屠っていることでしょう。

実際に15マナとキー3枚を並べるのはサーチのあまりない旧枠モダンでは無謀なので、《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》を使うことで、相手にターンを一度渡した後に自分のターンが3連続来るという不思議なゲームになります。

(自ターン(蓄積カウンター2つ)→相手ターン(追加ターン発生)→追加ターン(蓄積カウンター2つ)→自ターン(追加ターン発生)→追加ターン(蓄積カウンター2つ)→相手ターン(追加ターン発生)という流れになる)

追加ターンが連続することで、神の怒りや物語の円を機能させにくくしたり、一気にライフを詰めたりすることができます。時間停止モノってやつですね。

序盤を凌ぐ必要がありますが、幸い緑には濃霧や根の壁、雹の嵐といった時間稼ぎカードがあり、架空のトップメタであったゴブリンにもある程度の耐性があります。

何よりも、カードが、いい。

f:id:Minato_Namiki:20180706010920j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010933j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010928j:plain
色合いが最高

そんなわけで、見た目よし、中身よし、新カード(19年前)特有のわからん殺しを兼ね備えた完璧なデッキができた。

 

と、思っていた。

f:id:Minato_Namiki:20180706011458j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011507j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005040j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010920j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011520j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011619j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011623j:plain



f:id:Minato_Namiki:20180706011503j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011458j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010933j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005040j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011712j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011507j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010920j:plain



f:id:Minato_Namiki:20180706005036j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005031j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010920j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011751j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011520j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011458j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011746j:plain



f:id:Minato_Namiki:20180706011843j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011623j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011712j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005031j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011838j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011507j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011458j:plain



このデッキは・・・構築の時点でマリガンしている・・・?

デッキコンセプトが鬱陶しかった。エターナルグリーンのエターナルがとにかく邪魔だった。

 

f:id:Minato_Namiki:20180706011458j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011507j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011623j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011746j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706010928j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706005040j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180706011520j:plain

それでも、こんな初手の時は本当に強かった。だけど通電式キーだけは許せなかった。

かくして、エターナルレスエターナルグリーンが生まれた。

f:id:Minato_Namiki:20180706012307j:plain

改め、ヴァーナルランプ

https://dig.cards/decks/magicthegathering/148757


デッキの動きは簡単。

森を置く、ゴミ(花盛りの春か流転の護符を置く)→でかいのを叩きつける。

追加の花盛りの春として流転の護符を追加。これにより護符→詩神と動くとなんと相手のターンに護符を構えることができるというスーパーコンボができます。

泣く泣く茨の精霊を解雇した枠には丸いトリスケリオンを。対罠の橋、対物語の円を見越してドラゴンの血まで採用。

サイドボード以外に、このデッキに隙はない・・・!

 

と、思っていたのですが一人回しでゴブリンのドブンに轢かれたので本戦では使いませんでした。

あとはよろしくお願いします。すみません。

【旧枠モダン】再録の可能性のあるカードは?

お題をいただいたので初投稿です。

 

別件ですが虚無のアカウント作りました。GP旧枠モダン:基本セット2019の実況もこのアカウントで行う予定です。

本垢でのツイートが偏りまくってたので割と便利です。よろしくお願いします。

 

ありがたいことに旧枠モダンのデッキを組もう!という方を見かける機会が以前よりずっと多くなりました。と同時に「《十字軍》を寄越せ」「《火炎舌のカヴー》が欲しい」「第10版を選ぼうで《アーナム・ジン》と《貪欲なるベイロス》を下した《トロールの苦行者》絶対許さねえ」などの嘆きも見られるようになりました。

そんな旧枠モダンですが2018年6月13日午後4時現在で894種のカードが使用可能です(Scryfall調べ)。

前回のセット『ドミナリア』では新規カードが5枚も増えるという大盤振る舞いが記憶に新しいかと思います。

f:id:Minato_Namiki:20180613160415j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613160419j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180417005326j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180417010901j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180615225957p:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613160423j:plain
ドミナリアでの再録群。もはや祭り

そんなドミナリアですが、とあるカードが旧枠モダン勢の中で話題になりました。

f:id:Minato_Namiki:20180613160832j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613160837j:plain
敵味方問わず常に互いを高め合う(最高)

白からの呪禁、黒からの呪禁

白騎士&黒騎士の現代版ですが、ついにプロテクションを失ってしまったのです。

プロテクションという能力は実に厄介で、ある程度遊んでいるプレイヤーでも正確な能力を把握し切れていないなんてことがザラにあります。ブロックされず、対象にならず、ダメージを与えられず、エンチャントされない(&装備できず、城砦化されない)という性質すべてがプロテクションの一語に含まれています。

別に何も難しくはないのですが、他のキーワード能力に比べるとだいぶ複雑なので、常磐木からは外されてしまった、という能力です。

しかしまだ廃止には至っていない能力というのが現状です。

mtg-jp.com

プロテクションがまた必要とされる時が来たとき、プロテクションは再び登場するのだ!

~からの呪禁バランス良さそうだし、プロテクション二度と出なさそう。

同記事で土地渡りや畏怖は死んでる。合掌。

 

そんなわけで前置きが長くなりましたが、基本セットや今後の再録があり得そうで、欲しいカードを挙げてみたいと思います!

これはあり得ないだろ・・・と除外したのが

・それは再生できない。というインクの染みがあるもの(《略奪》など)

・能力の使用が強制で、デメリットになり得るもの(《火炎舌のカヴー》など)

・露骨な上位互換の出たもの(《カヴーのタイタン》など)

・固有名詞を含むもの

あたりです。

 

f:id:Minato_Namiki:20180613163440j:plain

《長弓兵/Longbow Archer》

先制攻撃、到達、説明不要!

到達がどこまで強いのかはともかく、白ウィニーの2マナ域《サルタリーの僧侶》よりは攻守が安定していますね。

 

f:id:Minato_Namiki:20180613163857j:plain

《銀騎士/Silver Knight》

プロテクション問題さえなんとかなれば・・・の筆頭。

再録されたら「旧枠モダンは公式フォーマット」みたいな顔を一生すると思う。

 

f:id:Minato_Namiki:20180613164119j:plain

《マーフォークの交易商人/Merfolk Traders》

出たときルーティングの1/2マーフォーク。タフネス2がなんともそれっぽい。

イクサランブロックでの再録が期待されたものの叶わず。もしも再録されたらリアニや部族マーフォークの可能性が広がりますね。

 

f:id:Minato_Namiki:20180613164945p:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613164950p:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613165609p:plain

《除外/Exclude》、《排撃/Repulse》、《放逐/Dismiss》

説明不要の《謎めいた命令》

 

 

f:id:Minato_Namiki:20180613164637p:plain

《予言の稲妻/Prophetic Bolt》

4点ダメージのち《衝動》

《稲妻の天使》を使う動機がもう1つ欲しいので、ラヴニカに期待!

 

f:id:Minato_Namiki:20180613171046p:plain
f:id:Minato_Namiki:20180613171053p:plain

《堆石提/Terminal Moraine》

《ねじれ地帯》を許すな。

 

以上、私が個人的に再録を期待しているカードたちでした。ベストテン形式は無理でした、すみません。

あくまでこうなったらいいなくらいの記事なので適当に流していただけると幸いです。

正直現状でも「これ以上カードの追加あり得る・・・?」みたいに考えているので、追加があろうとなかろうとのんびり楽しんでいきます。

が、GP旧枠モダン:基本セット2019はプレビューされたばかりのカードを容赦なく使用可能です!!!組んだデッキが予期せぬ追加でGP3日前に崩壊する可能性もあるぞ!!!!!

そんなGP旧枠モダンはまだまだ参加者募集中!!

twipla.jp

震えて眠れ(挨拶)

【旧枠モダン】赤単ゴブリン調整録

GP旧枠モダンお疲れ様でした。

前回の3人を大きく上回る8人という、恐らく世界最大級の規模での開催ができました。

皆様本当にありがとうございます。

 

 

と、いうことで開幕イキります。優勝しました!

マッチングとデッキリストは上記の通りです。

デッキリストは写真だけだと不親切なのでDigへのリンクをつけておきます。

https://dig.cards/decks/magicthegathering/139398

 

以下はデッキ選択の理由と、調整録です。

対戦レポートは記憶力がなく苦手なので皆様に期待。全体の話はブロガーの稲荷さんの狐の社・二社目に上がると思います(丸投げ)。

www.inari9th.com

本当に上がりました。読み応え抜群なのでぜひご一読を。(4/18追記)

 

■なぜ赤単ゴブリンなのか

今回のGP旧枠モダンは、発売に先駆けてドミナリア(4月27日発売!)のカードを使用することができます。できるようにしました。

旧枠モダンは一応モダンですが、所詮は同人フォーマットなのでその辺はゆるふわなのです。なにより、重要なのは収録されるかどうかであって、現物の発売を待つ必要がないのです。使いたいカードが出てきたとしても、それは既に10数年前に印刷を終えているのですから。

 

そんなわけで、某所でリリースノートが流出して話題になったのがゴブリンの戦長

f:id:Minato_Namiki:20180417005326j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180417005602p:plain
ドミナリアの新鋭

既存のゴブリンでも十分戦えるレベルのデッキでしたが、3マナ域の弱さが課題でした。

加えてゴブリンの4マナ域はゴブリンの雪だるま1枚のみ。

5マナの包囲攻撃の司令官は強力なカードでしたが、5マナまで伸びてしまうゲーム自体があまり好ましくなく、土地少なめの軽い構成の方がデッキとしてまとまっていたのです。

そこに現れたゴブリンの戦長。事実上のゴブリンの戦車の上位互換であり、生き残ってしまえば4ターン目には包囲攻撃の司令官を唱えることができ、そのままゴブリンで雪崩れ込むことができます(テキスト読み上げニキ)

ということで、ドミナリアによってゴブリンデッキが大幅に強化されることが明らかだったのです。

さらに事件は続きます。

f:id:Minato_Namiki:20180417010901j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180417010908p:plain
スカークの探鉱者、再録

もはやなにがなんだかわかりません。嬉々として怒り狂うゴブリンを走らせてた、あの頃のゴブリンはどこに行った?

 

ということで、最強のゴブリンである包囲攻撃の司令官を早出しする術を2つも得てしまいました。構築はどうすればいいかわからないけれど、選択肢は増えた。選択肢が増えたということは強化されたということである。そして間違いなく、ゴブリンは対策される

 

■メタられてもいいゴブリンへ

結局、デッキを決められないまま2日前になりました。

というのも、戦長入りゴブリンで練習した際、白青リアニメイトの堅牢な防衛隊1枚で負けてしまったからです。

f:id:Minato_Namiki:20180417011900j:plain

旧枠モダンにおけるカリタス

そのような重めのアクションを取るデッキに対しては、カウンターを有する青緑グランビル(初回に掲載したデッキです)が有利で、かつあのデッキはお気に入りなのです。

赤単か、青緑か。

そういえば、以前の赤単ゴブリンは3マナ枠にボール・ライトニングを採用していました。

赤赤赤が要求されなくなったので、土地に山ではなく流砂などを採用してもいいのでは?と以前話題にしたのを思い出したのです。

ならば、その枠にペンデルヘイヴンを使ってもいいのでは?

グランビルで強さは確認済みでした。稲妻に対しては無力なものの、紅蓮地獄と雹の嵐に対して効果覿面なのです。同型戦においてもモグの狂信者の強さが変わってきます。

そうだ、紅蓮地獄と雹の嵐、弧状の稲妻は間違いなく撃たれるだろう、ならば、撃たれて死なないゴブリンを採用していこうではないか。

ということで、白羽の矢が立ったのがモグの歩哨です。

f:id:Minato_Namiki:20180417012941j:plain

レアの貫禄

以前数枚試したところ、これが案外強い。

2点火力や今わの際で除去されないのはもちろん、戦闘前に唱えたロードを除去されても歩哨が強化されたり、相手のロード・速攻持ちに対して誘発して強力なブロッカーになったりで八面六臂の活躍。

場持ちのいいゴブリンが増えたことで、以前解雇したモグの下働きを再び採用しました。

 

また、流砂がものすごくつらかったので、無効化ついでに相手の場に山を作れる血染めの月を1枚メインにしました。

月を置くだけで勝てるようなフォーマットでもデッキでもないため、劇的に刺さるデッキならサイドから追加、山を出すか出さないかの赤多色なら1枚、山をガンガン置いてくるデッキにはアウトという形で落ち着きました。

 

そうしてできあがったのが冒頭のリストです。

 

そういえばスカークの探鉱者は?という声が聞こえてきそうですが、私は弱いと思ったので採用しませんでした。もちろん旧枠モダンにおいての話ですが。

通常のフォーマットではわらわらと並ぶことに定評のあるゴブリンですが、旧枠モダンではそれができるのが包囲攻撃の司令官のみなのです。

ゴブリンの首謀者やゴブリンの女看守のないデッキが、貴重なゴブリンをマナに変えるのはかなり厳しいです。

ひとたび頭数を減らしてしまうと、群衆追いの打点が上がらなくなり、ゴブリンの王の脅威も減ってしまい、元に戻すのも困難です。

あと、1マナ1/1をこれ以上増やすとデッキが痩せます。

以上の理由から、スカークの探鉱者の採用を見送りました。探鉱者入りで強い形があったら教えて欲しいです。(赤黒でただれたゴブリンを投げるのも楽しそうではあるけど、それをやりたいだけになりそう)

 

 

 

今回は想定通りに歩哨が仕事をしてくれたほか、劇的なトップ解決で接戦を制するなど、運にも恵まれて結果を残すことが出来ました。

サイドボードは要調整だと感じましたが、メインボードは中々いいものができたのではないかと自負しております。

 

 

GP旧枠モダンの次回開催についてお知らせです。

次回のGP旧枠モダンは7/1(日)を予定しています。

今回と同様に、基本セット2019のカードがすべて公開された直後の日曜日です。

もちろん基本セット2019の再録カードが使えます!何かくればね!!

GPとしての集まりは7/1ですが、それまでの間にも旧枠モダンをプレイする機会があれば積極的にやりたいですね。ぜひ誘ってください。

詳細が決まり次第、またTwiplaを利用して参加者を募集させていただきます。よろしくお願いします!

【旧枠モダン】デッキ構築のための第一歩

お久しぶりです。突然旧枠モダンが話題になったり、似た感じのオリジナルフォーマットが出てきた上にオシャレネームがついてていろいろと驚いている双木湊です。

 

突然話題になったことで、多少なり興味を持った方もいると思います。

カードリストを求めてのアクセスも少々見受けられました。たぶん(確認してないのでわかりません)。

www.mtgvault.com

そんなわけでいつものMTG Vault様です。

フィルターをつけての検索が楽なので、とりあえずブックマークしましょう。

英語での検索しかできませんが、カード画像が出るのでわかりやすいと思います。

 

scryfall.com

続きましてScryfall様です。究極の激安フォーマット、Penny Dreadfullでもお馴染みだそうです。

使い方覚えたら最強でした。

実は上のMTG Vaultで引っかからないGiant BadgerやVizzerdrixなども出るので、カードリストとしてはこちらが正確です。

qrth477.diarynote.jp

有志の奇行種です。本当にありがとうございます。

私も日本語のリストの作成をしようと思ったのですが、途中で飽きてしまった(需要もなさそうだった)ために頓挫しています。

今ならいける!!はず。

 

 

そんなわけで改めてカードリストを紹介させていただきましたが、通常のモダンで見向きもされないようなカードたちを見せられて、「ハイ、じゃあこれでデッキ組んでね」は困ると思います。

ということで、ここからデッキを組んでみよう!というスタート地点になりそうなものをいくつかピックアップしたいと思います。

 

・ロード

f:id:Minato_Namiki:20180401002138j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002145j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002157j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002202j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002212j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180407235831j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002223j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002228j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002233j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002242j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401002244j:plain


はい、全体に+1/+1以上の修正を与えるパーマネントは以上です。(死の奈落の捧げ物を忘れていたので追加しました)

ゾンビロードに目が行くと思います。実際、ものすごく強いです。

BFZ-SOI-KLD-AKH期のスタンダードでもゾンビデッキが活躍しましたね。

動きの質は大きく異なりますが、ロードによる修正で押し切るというコンセプトは同じなので、以前ゾンビデッキを使っていた方にはなじむと思います。

そしてゴブリン、なにやら次のドミナリアでものすごく強いカードが来るようです。

ゴブリンの手投げ弾による突然死がとにかく楽しいです。

エルフは以前組んだものが中々に好感触でした。詳しくはこちらを。

mesmericmask.diarynote.jp

と、まあこのように部族デッキは組めます!(他の部族はまだ触ったことがないです。実はヴァーデロスが面白い・・・?)

平均的にクリーチャーが弱い環境ではあるのですが、結局のところはクリーチャーで殴って勝つのが一番手っ取り早いゲームですので、まずはこのあたりが無難だと思います。

・《獣群の呼び声/Call of the Herd》

f:id:Minato_Namiki:20180401004340j:plain

「旧枠モダンなら、まずは象トークンを買え」と古事記にもある。

このフォーマットを語る上で、外せないカードだと思います。実質未練ある魂です。

3マナ3/3というサイズは、大きいです。

確かに稲妻、火葬で落ちはするのですが、まぁそういう問題ではない。

実は4マナのクリーチャーがだいたい貧弱なので、サイズで象を超えるには基本的に5マナの生き物が必要になります。

そんな貧弱な4マナ域を埋めるのにも、獣群の呼び声は役立ちます。

実際身内で遊び始めた時も、最初はデッキ3つで獣群の呼び声は12枚でした。

f:id:Minato_Namiki:20180401005337j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401005342j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401005351j:plain

こんな感じで、相性のいいカードもあります。

・《怒りの天使アクローマ/Akroma, Angel of Wrath》

f:id:Minato_Namiki:20180401005618j:plain

白い悪魔

旧枠モダンの最強クリーチャーです。

パワー6の先制攻撃によりクリーチャー戦はほぼ無敵で、最強の除去である終止でさえも弾くプロテクション。

加えて攻撃に参加してもタップしない、いわゆるセラ能力(現代語で警戒)があるため、1体で戦場を支配してしまうこともあります。

さあ、あとはアクローマを召喚するだけです!8マナを用意してもいいですが、普段15マナの宇宙椎茸と戯れているような皆様が、まさかそんな素直に払うとは思えません。

f:id:Minato_Namiki:20180401010813j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401010818j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401010820j:plain

と、いうことで、オススメのわかりやすい裏口入学です。

流転の護符は分割とはいえ8マナかかりますが、無色ですし、ウルザトロンなんていかがでしょうか?

f:id:Minato_Namiki:20180401011208j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401011232j:plain
f:id:Minato_Namiki:20180401011235j:plain



 

そんなわけで入門編っぽいのでした。

記載したデッキ、カードの組み合わせはいずれも私が一度やったことのあるものです。

この記事で少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

もしもデッキ構築で詰まった時はぜひお声かけください。私にできる範囲でお手伝いさせていただきます。

 

そんな旧枠モダンの交流会、GP旧枠モダンの第2回が4月15日に、秋葉原のどこかで行われます!

観戦だけでも楽しいと思います。モダンなのに古臭い、奇妙なゲームを一緒にやってみませんか!?

twipla.jp